活性酵素から守るルテインはサプリメントで補給できる

女性

白内障を予防しよう

目元を触る女性

活性酵素を抑制する成分

病気知らずの体にするためには、活性酵素を抑制しなければなりません。約8割の病気は、活性酵素が引き起こしていると考えられています。活性酵素を抑制することで、非常に多くの病気を予防できるのです。それは目に関しても同様です。白内障に代表する目の病気は、活性酵素が原因です。高齢者の増加に伴い白内障患者数が増加していますが、ある成分を摂ることで目の活性酵素を抑制することができます。そのある成分とは、天然色素のルテインです。緑黄色野菜などに多く含まれているルテインは、人の目にも存在している成分です。目を光から守る役割を果たしており、紫外線やブルーライトの影響を大きく軽減しています。このルテインは活性酵素抑制効果も持ち合わせているため、サプリメントで積極的に摂るようにしましょう。

2つの効果で目を守る

人の目が光を受けると、活性酵素が生成されます。適度な活性酵素は目を守ってくれますが、過剰に活性酵素が生成されると目に大きな害をもたらします。目を老化させるほか、白内障などの病気を引き起こしてしまうのです。ルテインは光から目を守り、活性酵素を抑制してくれます。2つの効果により、目の健康を守ってくれるのです。ルテインは食事からも摂ることはできますが、サプリメントで摂る方がいいでしょう。食事だけで摂ろうとすると、1日約13本のにんじんを食べなければなりません。1日13本のにんじんを毎日食べることは現実的ではありません。サプリメントで摂ることで十分な量を負担なく摂ることができます。普段の食事で多くの野菜を食べている方も、サプリメントでルテインを摂ることをおすすめします。