活性酵素から守るルテインはサプリメントで補給できる

女性

目を守る成分

栄養剤

現代人の救世主

スマホなどのモバイルデバイスが普及している現在、目のケアは必須と言っていいでしょう。現実にそのようなモバイルデバイスが増えたとたん、老眼、緑内障、ドライアイ、ブルーライトといった言葉が頻出するようになり目のケアの重要性が次々と言われてきています。そのような社会の中において言われているのがサプリメントの接種により目のケアを行うということ。よく言われるものにブルーベリーやルテインといったものが出てきています。ルテインは目にダメージを与える紫外線から目を守る働きがあり、白内障、緑内障、加齢黄斑変性に対して効果があるといわれています。ブルーベリーが目の周りの血流をよくするのに対し、目自体に働きかけ、最終的に失明を防ぐのがルテインの役目です。

適切なものを選ぶ

ルテインは一日6ミリグラムが適量と言われています。ルテイン単体のサプリメントもありますが、ブルーベリーと一緒の複合的なサプリメントも沢山あります。どちらもよいですが、目が特に疲れてきたという症状を感じるのであれば、単体で摂取したほうが含有量が多い傾向があります。その場合はブルーベリーも単体で摂るのが良いでしょう。サプリメントの比較サイトもたくさんあるのでそこでルテインの製品情報は調べられますが、ブルーベリー以外にも、DHA、ビタミンA、ビタミンEなどといったものと複合のサプリメントもあります。自分の食事やほかのサプリメントの接種状況に応じて必要なものを選ぶとよいでしょう。